マンション購入時のポイント|失敗しない空き家の管理法もあります

積み木

任意売却の際は

一軒家

住宅ローンが支払えなくなった場合、そのまま放っておくと住宅が競売にかけられる可能性もあるので、できるだけ早めに任意売却をする必要があります。手続きがややこしいことが多いので専門家に相談してみると良いでしょう。

もっと読む

任意売却について

室内

数年前までは任意売却という行為はあまり行われていませんでした。しかし最近では建物の価値が下がってしまい、ローンの残高の方が建物の金額よりも高くなってしまうようになってしまったのです。

もっと読む

マンションの選定

空き部屋

中古マンションの購入をするにあたり、確認しておきたいポイントがあります。それは売主がどのような人なのかという事です。つまり、売主が一般の人なのか、業者がもっているのかという事です。なぜ、そのようなことが関係してくるのか。それは保証の期間に差が出てくるからです。前述したような売主が一般の個人の場合中古マンションの保証期間はなしという契約も出来るからです。具体的には「瑕疵担保責任」という表現になりますが、この瑕疵担保責任を負わないという契約も出来るのです。つまり何か購入した後に発見された、契約時には発見できなかった隠れた瑕疵を売主側に保証の訴求が出来ないという契約を、売主が一般個人の場合は結ぶことが出来るのです。

これは買主にとっては少し不利なシチュエーションですが、一般個人の売主に瑕疵担保責任を負わせることを義務とするのは酷だという判断のもと、これが認められています。ただし、必ず売主が瑕疵担保責任を負わないということではなくて、売主が合意すれば、引き渡し後期間を決めて瑕疵担保責任を負うという契約ももちろん可能です。これに対して売主が一般個人ではない、利益追求を目的とした業者であればそういう訳にはいきません。売主が業者の場合は引き渡し後最低2年間は瑕疵担保責任を負わなければいけないのです。中古マンションの売買においては上記のような点も加味して選ぶ必要があります。中古マンションの価格だけに捉われていると大切なことを見落としがちです。中古マンションの購入も把握すべきですが、空き家の管理法も不動産を所有しているなら知っておくと良いです。所有している中古マンションや新築マンションも空き家にならないとは限らないからです。管理や不動産購入に関しては不動産業者に頼るといいでしょう。

任意売却を行うなら

つみき

任意売却は住宅ローンの返済が出来なくなってしまった人が行うものです。この任意売却を行う際にはできるだけ信頼できる任売人を探すことが重要になるでしょう。できるだけ契約などの交渉が得意で経験豊富な方を選びましょう。

もっと読む