任意売却について|マンション購入時のポイント|失敗しない空き家の管理法もあります

マンション購入時のポイント|失敗しない空き家の管理法もあります

ウーマン

任意売却について

室内

数年前までは任意売却という言葉もそういった行為も行われていませんでした。というのも以前は建物は購入価格以上の価値が付くということがほとんどでした。しかし近年住宅の価値は著しく下がるのが早く、もはやローンの残債のほうが高額というケースがほとんどなのです。このような状態でローンの返済ができなくなると状態を放置すれば住宅は競売にかけられます。一般的に競売では住宅の周辺相場価格よりもかなり安い価格で取引されます。取引で得られた利益は残債に充てられますが、競売費用だけでローンを完済することは困難なのです。任意売却でもローンの完済は難しいですがそれでも数百万円も高く住宅を売ることができるのです。ですから返済の負担も軽減することができるのです。

任意売却は誰でも利用できるわけではありません。利用するためには債権者の承諾が必要になります。債権者とは住宅ローンを組んでいる銀行などです。銀行などの中には任意売却を認めていない機関もあるので注意が必要です。更に通常は同意してくれる場合でも債務者の態度が悪い場合や代行する業者との関係がよくない場合などは任意売却に応じてくれないケースもあります。このほかにも連帯保証人の同意が得られない場合などは任意売却を行うことはできません。このように任意売却を行うためには様々な条件をクリアする必要があります。任意売却とはいえ多くの場合は売却までに期限が設けられこの期限を過ぎると競売になることも多いのです。そうならないためにも個人で動くよりも専門の機関に依頼することでより確実に任意売却をすることができるのです。